1月の一言

2019年明けましておめでとうございます。本年もハーブランドシーズンをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年の日本は多くの震災に苛まれた年となりました。少しずつ時間や労力を費やして築きあげてきた生活が、一瞬にして失われてしまう事は何物にも変え難いほど残念です。私自身も豪雪被害で栽培施設が破損するなど経験し、その運命に落胆しました。それでも私たちはひたすら前に進むしかありません。それには心の在り様がとても大事だと思います。失ったものに執着せず、明日に夢を育む強さや潔さが必要な時代なのでしょう。

だからこそ私は自然が教えてくれた生き方を、今年も地道にしっかりと実践していきたいと思っております。

5月には私の人生では2度目の経験となる改元がありますね。世間では、安久や和平といった穏やかな世の中を願う元号が予想されているようです。私も平和な世になるよう願いを込めて新元号を予想してみましょう!

皇太子徳仁殿下のご称号は浩宮様ですから、浩を頂いて浩久や浩和はどうかしら?今上天皇の御印である栄を頂いて浩栄も素敵ね。元号という制度は世界で日本だけらしく新年が2回もやってくるってダブルハッピー!

いえいえ今年は猪年!私は人生節目の還暦とあい成りますのでトリプルハッピー?芽出度きを重々祝う年女♪