12月の一言

陽溜まりの暖かさが嬉しく感じられる季節となりましたね。シーズンの庭では実りの秋を終えたハーブたちが次の世代へ命を繋ぐ準備。みんなの根っこや零れ種が土と繋がって信頼して託してる姿が潔くて清々しいです。

一方、冬でも暖かいビニールハウスの中ではみかんとルッコラが元気いっぱい!写真の季節感が変!って思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、ルッコラってこの季節の新潟でも結構よく育つのです。原産地のイタリアではルッコラを使った食後酒が名産品。日本では1980年代に食前酒が紹介されましたが、食後酒はこれから流行りそうですね。消化促進や和やかさを醸し出す食前酒に対し、料理の余韻を楽しみつつ本格的なお酒の時間を楽しむためのものが食後酒。ルッコラは食化促進や肝臓を助ける働きがあり、また古代ローマの時代から恋に効くとも云われており、ラブラブな国イタリアで頂くルッコラの食後酒には格段の深い意味が秘められていそうですね。私は日本の葉っぱ族ですから、シーズンで採れるみかんとルッコラをブレンドしたリキュールに挑戦してみます。無農薬なので皮ごと使ってみたいです!抽出から寝かすのに2~3か月位かかるので、飲み頃はバレンタインデーの頃かしら?ワクワクしますね!皆様も楽しい年末をお過ごしくださいませ。