3月の一言

振り返れば豪雪に悩まされたという印象が強い冬となりましたが、皆様いかがお過ごしですか?大雪に閉ざされていたシーズンも、少しずつ土が見えるようになりました。土には秋の落ち葉と雪解け水がたっぷり蓄えられ、いつでも新たな芽生えを受け入れられる庭土になりました。今年の一番スミレはどこに咲くか楽しみです。

昨年末に新しい道を作り始めました。メイワサンピアさんから一回だけ曲がれば到着できる夢の懸け橋です。

当初は私が道を作っていいの?と困惑しましたが、私道という考え方を知りお役所と相談し、遂に着手です。

ここを始めたばかりの頃は、ほんの数年で辺り一面はラベンダー!と、幸せな妄想に包まれてニヤニヤしていましたが、現実の一歩はとても歩幅が大きく、踏み出すのに勇気や時間や知恵やお金やご縁を必要としますね。

道の名前はラベンダーロードと名付けました。道の両側にはたくさんのラベンダーを植えるつもりです。ここを歩く人が優美な香りに癒されニコニコとしながらシーズンに向かって来る、そんな光景にまた一歩前進です。