5月の一言

青空とそよ風の気持ち良い季節となってきました。冬の間は木の間に隠れて飛べずにいた野鳥たちが思い切り羽を伸ばしてどこまでも高く速く遊び巡っています。この子たちも桜が大好き。満開の枝々の奥まで潜ってはチョコンと顔を出して次の枝へ。小鳥から見た桜の花びらはレース柄の天蓋付きのキングサイズベッドかもね!
桜は染井吉野から八重桜そして山桜へと移り、お庭のハーブは山桜が咲き終えるのを見計らって咲き出します。
シーズンという花劇場の踊り子さんたちは、みんなちゃ~んと自分の出番も演じ方もわかってらっしゃるのよ。
朝日を見ると一日のリズムが体の中で出来上がるそうですが、花を愛でると季節感を取り込むことができます。
それがもしハーブなら、見るだけじゃなくて触って食べて嗅いで、それぞれ好きな方法で楽しめて楽しいです。
ここの庭なら鳥のさえずりも楽しめるので耳で楽しむのも良いですね!忙しい毎日をお過ごしの方でも歩き始めの赤ちゃんでも心に悩みを抱えた方でも、誰でもが生来の感覚に気付ける場所で花と触れ合ってみませんか?